本ページにはプロモーションが含まれています。
PR

昭和記念公園のコスモス祭り2016の開花状況や見頃の時期

スポンサーリンク
コスモス イベント

コスモス

昭和記念公園では、コスモスの開花時期に合わせてコスモス祭りが毎年開催されています。2016年のコスモス祭りの日程は9月24日(土)から11月3日(木・祝)までとなっています。昭和記念公園の総面積20,000㎡の敷地に550万本のコスモスが咲き乱れる様は、美しくてこの世のものとは思えないほどの感動が味わえるはずです。ほかにもステージイベントやワークショップなども楽しめますので、秋の行楽には、是非、昭和記念公園のコスモス祭りを訪れてみてはいかがでしょうか?

さて今回は、昭和記念公園のコスモス祭り2016の開花状況や見頃の時期などをイベント情報とあわせてご紹介していきます。

 

コスモス祭り2016の開花状況や見頃の時期

コスモス

コスモス祭りは、コスモスの開花時期に合わせて行われるイベントとなっていますので、開催期間中はずっと見頃となります。

その中でも、ピンクのコスモスが好きな方は、10月中旬に見頃の時期を迎えるドワーフセンセーションの鑑賞がおすすめです。「花の丘」で400万本ものコスモスが華やかに大地を彩ります。

また、黄色のコスモスの鑑賞をされたいという方は、9月下旬ころから10月上旬ころが見頃の時期になります。この時期には「原っぱ東花畑」にて、70万本の黄色い品種のコスモスが楽しめます。

さらに白系のコスモスであれば、10月下旬ころから「イエローキャンパス」という品種のコスモスが見頃の時期を迎えます。

そして、コスモス祭り2016の期間中は、「渓流広場レストラン南側」に設置されたコスモス見本園で、30品種のコスモスを見比べながらの鑑賞が楽しめます。

コスモスの摘み取り体験

11月3日(木・祝)はコスモス祭りの最終日ならではのイベント、コスモス摘み取り体験ができます。イベントの開催場所は「原っぱ西花畑」で、13時半から15時半までです。

なお、受付時間は13時15分までとなっていますので、お時間を間違えないように注意しましょう。受付で花摘み用の袋をもらい、必要がある方はハサミや軍手、新聞紙のセットを300円で購入できます。このコスモス摘み取り体験のイベントを狙って行かれるのであれば、予めご自宅から必要なものは持参すると良いでしょう。また、コスモス祭りの最終日は見頃を過ぎたコスモスも多いのですが、その中から元気なコスモスを選んで摘み取り、持ち帰ってご自宅に飾ってあげてください。

 

昭和記念公園の駐車場やアクセス方法

まず、電車でのアクセス方法ですが、広大な面積を持つ昭和記念公園ですので、あなたが使用されたい入口によって、利用する駅や路線が変わってきます。単にコスモス鑑賞をされたい方は、「みんなの原っぱ」を目指しましょう。「みんなの原っぱ」へは、西立川口や昭島口からご入場されると比較的早くたどり着けます。

あけぼの口:JR中央線・立川駅から約10分 多摩都市モノレール・立川北駅から約8分
立川口:JR中央線・立川駅から約15分 多摩都市モノレール・立川北駅から約13分
西立川口:JR青梅線・西立川駅から約2分
昭島口:JR青梅線・東中神駅から約10分
玉川上水口:西武拝島線・武蔵砂川駅から約25分
砂川口:西武拝島線・武蔵砂川駅から約20分

自動車で行かれる方は、駐車場は立川口、西立川口、砂川口の3か所にあり、普通車であれば合計2530台の一般駐車場が利用できます。また駐車場の料金は普通車が820円です。園内は広いため、平日は混雑を感じることなく、ゆったりと楽しむことができますが、コスモス祭りの期間中は混雑が予想されます。さらに駐車場が満車になってしまうこともありますので、なるべく朝は早起きして早めに現地に行かれた方が良いでしょう。

コスモス祭り2016・開催期間中のイベント

昭和記念公園で行われるコスモス祭りの9月中のイベント情報をご紹介します。10月以降も楽しいイベント盛りだくさんなので、こちらの昭和記念公園のHPから確認してお出かけください。

9月24日(土):「紙トンボで遊ぼう」、「クラフト教室特別編」
9月25日(日):「ディスクゴルフ」、「ガイドヘルプ」、「クラフト教室」、「こもれびの丘自然観察会」、「紙トンボで遊ぼう」、「草花ステンシルでマイバッグづくり」
9月27日(火):「自然観察ツアー」
9月28日(水):「あきしま町あるき」
9月29日(木)~30日(金):「花とみどり・いのちとこころ展」

タイトルとURLをコピーしました