本ページにはプロモーションが含まれています。
PR

簡単でおいしい完熟梅ジャムの作り方(レシピ)!冷凍保存方法とは

スポンサーリンク
梅ジャム 料理・グルメ

梅ジャム

毎年6月に入るとおいしい完熟梅が出回る時季です。

今年は梅酒を作ろうか梅干しにしようかと考えているあなた。今年はちょっと傷のある梅が余ったら、梅ジャムを作ってみませんか?

梅ジャムは市販のものも十分美味しいですが、手作りの梅ジャムは無添加で愛情たっぷりのうえ、とっても美味しくて冷凍保存も可能です。

そこで今日はそんな完熟梅ジャムの簡単な作り方と冷凍保存の方法をご紹介します。手順などを参考にしておいしい梅ジャムを是非作ってみてください。

[adsense]

 

電子レンジを使った最短完熟梅ジャムの作り方

完熟梅

出典:http://www.kishu-baien.co.jp/recipe/umeboshi.htm

多少傷のある梅でもジャムにしてしまえば大丈夫。全部使ってしまいましょう。あまりにも気になる方は最初に選別してください。

【材料】
梅 250g:拭きこぼれ防止のため少量で作ります。すぐに食べきれる量です。
グラニュー糖 70g:好みによって調節してください。

【レシピ】
1、梅を洗ってから、一晩水に浸しておく。

2、翌日、水気を拭き取り、楊枝でヘタを取る。

3、梅の皮に楊枝でいくつか穴をあける。プツプツという感じで簡単に穴が開きます。

4、耐熱容器に乗せて加熱。600wで4分。(泡が出てきて、お皿からこぼれそうになるので、ふちが高いものがいいです。)

5、グラニュー糖を混ぜてさらに3分加熱。

6、種を取り除き、食べにくそうな皮があれば、一度取り除きナイフやフォークで小さくしてください。そのままでも大丈夫ですが、口に残るのが気になるかもしれません。

[adsense]

 

圧力なべを使った簡単完熟梅ジャムの作り方

圧力鍋

出典:http://www.asahi-cookingpark.net/qaboard/recipe/view/id/1377

仕上げの煮込みは鍋を使いますが、圧力なべで時短出来るところは、なるべく圧力なべを使います。グラニュー糖の量は目安です。味覚の好みに個人差があるので、お好みで調節してください。ちなみに我が家では、私はこれくらいの甘さでいいと思うのですが、子供はもっと甘い方がいいと言っています。

【材料】
完熟梅:1kg
グラニュー糖:400g~500g

1、梅を洗い、梅が浸るくらい水を入れ、圧力なべで炊く。

2、シュルシュル回り始めてから弱火にしてさらに約10分炊く。

3、火を止め、圧が抜けたらざるに開けてお湯を切る。

4、お湯を捨てたら、そのままざるで木べらなどを使って、柔らかくなった梅をこす。

5、こしながら、随時種を取り除いてください。

6、再び鍋にこした梅を入れ、その上からグラニュー糖を入れる。

7、焦げないようにまぜながらプツプツという感じで15分程度炊く。

冷凍保存の方法

梅ジャム

出典:http://yy664484.at.webry.info/201406/article_1.html

元々保存食とされているジャムですが、自家製だと保存料を入れないので、瓶から開けるとすぐにカビが生えてしまいますよね。完成品の梅ジャムの成分ですが、砂糖が果肉の50%以上ならば、冷蔵庫で6か月ほど保存できるようです。

しかし、これは未開封であることが条件です。開封後はおおむね2週間程度は持ちますが、早めに食べきりましょう。それでも、6か月分以上の梅ジャムを作ってしまった場合は、冷凍保存という手があります。我が家では、自家製梅ジャムも自家製柚子胡椒も、同じ方法で冷凍保存しています。使いやすさを考えて、冷凍に使うものはジッパー付きのビニール袋です。

まず、冷ました梅ジャムをジッパーバッグに入れて、空気を抜いてからジッパーを閉めます。なるべく平たく伸ばし、一回で使い切る量を大体のところで筋をつけてからそのままの状態を崩さないように、そっと冷凍庫の広い面に広げるように置きます。これで固まると、筋をつけてあるところからパキパキ割って使えるのでとても便利です。糖度の高い梅ジャムや柚子胡椒は冷凍をしてもあまりカチカチにはなりませんので、筋を付けなくても大丈夫です。

[adsense]

タイトルとURLをコピーしました