本ページにはプロモーションが含まれています。
PR

簡単!七五三で7歳の女の子の髪型を自宅で自分でヘアアレンジする方法

スポンサーリンク
七五三 イベント

七五三

3歳の女の子の七五三では、髪の毛の量が少なかったり毛が細かったりして、ヘアアレンジが難しかったという方もいることでしょう。でも、7歳の女の子の七五三ともなると、髪の毛も十分生えているうえに顔の様子も大人びて、ヘアアレンジも上手に決まると思います。

今回は、七五三で7歳の女の子の髪型を自宅にて自分で簡単にヘアアレンジする方法をご紹介していきます。

 

人気のヘアアレンジ

髪型

出典:http://kirei.woman.excite.co.jp/t_salon/hair_style/detail-L001407620

この髪型は自宅で簡単にできるうえに、ウィッグを使えば髪の短い女の子にも向いています。

髪を二つに分けて高い位置でお団子にします。そして、お団子になる部分をフワフワにすることで豪華な雰囲気になります。最後に髪飾りをつければさらに七五三らしくなりますが、このままでも普段使いとしても使え、また髪飾りをティアラなどに変えることでドレススタイルにも使えます。

ボブスタイル

ボブ

出典:https://shichi-go-san.com/mamechishiki/16/index.html

7歳の女の子の七五三となると、日本髪やアップスタイルに人気が集まりますが、あえてボブをそのまま見せるのもありです。髪のクセの強い女の子や髪の毛の色が薄いと向かない髪型ですが、髪が直毛で黒々としている女の子には美しく映えることでしょう。しかも、これなら髪を綺麗にとかして大きなお花をあしらうだけですので、ご自宅でパパでもお手軽に仕上げられます。

 

桃割風日本髪の作り方

初めての方に簡単にできるとは紹介し難いのですが、七五三までの間に何度か練習をすれば、素人の方でも日本髪を作れるようになると思います。

まず、前髪を残して、それより上の部分の前髪を後頭部に向けて流しまとめて結びます。それから、ちんころを飾ります。サイドの髪の毛が重要なポイントで、耳の前と上の毛を取り、ピンで留めておきます。反対側も同じようにして、残りの後頭部の髪の毛はポニーテールにして結んでおきます。これで、下ろした前髪の部分以外を右、上、左、後頭部の4つのパーツに分けておきます。分け目が目立つため、分け目は櫛の反対側のとんがった部分でしっかりと分けておきましょう。

ここまでできたら次にサイドの髪の毛を仕上げていきます。先ほどピンで留めておいたサイドの髪の後ろ側にダボ毛を入れてピンでしっかりと固定します。ダボ毛を隠すように、サイドの髪の毛で覆い、後頭部のポニーテールの結び目でまとめておきます。反対側も同じ要領です。

最後に、ポニーテールにしてあるところですが、結び目の真ん中から開き、ダボ毛を入れてそれを覆い隠します。そして、かのこで飾りできあがりです。文章で書くと簡単そうに見えますが、実際にやるとなるとなかなか大変でした。女の子の髪の毛はツルツルして、まとめているそばからパラパラ落ちてくるので、動画だと簡単そうにやっているのがウソのように難しかったです。ヘアスプレーなどで固めながらやるというのも良い方法でしょう。

 

まとめ

ここまでご紹介した髪型のなかで一番簡単なのは、やはりボブスタイルです。普段と代わり映えしないという方もいると思いますが、周りを見渡してもシンプルな髪型の女の子はほとんどいないので、七五三のお参りの際は存在感を発揮すると思います。

反対に、日本髪は少し練習期間を設けた方が良いでしょう。日本髪を作るための飾りやダボ毛なども揃えなくてはなりませんので、時間的に余裕を持って七五三に臨んでください。

タイトルとURLをコピーしました